We are delicious bakery!We love bread very much! by Pan de Smile

最新情報&ブログ | news&blog

宮城県南三陸町 歌津にて③

週末を挟んで、ちょっと間が空いてしまいました(^_^;)
数人の方からこのブログでのご報告を読んでますと言われて、とても励みになりました!!ありがとうございます<(_ _)>
さて、そうは言いながらも最終回になります。

作業場へ向かう途中の風景です。
3d531b8b.jpg
殺伐とした荒野は、まるで映画のワンシーンのよう…。
驚くほどに人の気配がなく、地元の方は見渡す限り誰もおらず、たまに見かけるのは大きな名札を掲示したボランティアの方ばかりでした。
とはいえ、対向車の中や無事だった家屋の辺りに居られる方々はどなたも、私達と目が合うと、深々とお辞儀をなさって敬意を表して下さりました。
それが例え私のような新米で短期のボランティア初心者であったとしても。。。
その他印象的だったのは、子ども達が瓦礫の中を当たり前に笑顔で登下校していたこと。
私達大人も、出来る事をもっと頑張らなくては!!!と強く思いました。
一緒に連れて行った子ども達の心にも響いたことと思います。

海岸沿いに建つ公団。
91612880.jpg海の見えるオシャレで素敵なお住まいだったことでしょう・・・。
この辺りは海抜が下がってしまったようで、横断歩道は海面下になってしまっています。
いくつかのボランティアチームが毎日頑張っていますし、
復興支援事業者と思われる方々も日々まったりと作業に従事していますが、今後の方針はまだ何も決まっていないのだとか。
たとえばこの公団のあった場所を今後生活圏として使用するかどうか?ということも・・・。
その決定は、たいへんに難しく、厳しい決断になることでしょう。

d5867b59.jpg南三陸鉄道歌津駅。
三陸海岸沿いを優雅に走る、名物ローカル鉄道だったとか。
歌津周辺の海岸沿いでもあちらこちらで陸橋が陥落したり、線路が捻じ曲がっていたりと大破しているのを目にしました。大打撃というよりは、全損といった状態です。少し高台にあるこの駅もこういう状況で、線路は断線し、崩れ落ちていました。
震災前、大の寒がり屋の私はなかなか東北へ足を運びませんでしたが、町の方々が大切にされてきたことがそこかしこから伝わるこの歌津は、どんなにか風光明媚で趣のある町だったことでしょう!そして海が好きな人なら南三陸鉄道はとても魅力的だったでしょう!! 


今日の作業現場。
6121ddde.jpg崩れ落ちた南三陸バイパスの橋脚近くにある倉庫をお借りした作業場。
周囲には二次元的に残った建物の基礎が無数に点在していました。
そして裏手には川が流れており、津波の際には驚くほど上流まで逆流したそうです。川沿いにはやはり、大きな瓦礫の集積山がありました。
こちらの倉庫には漁で使うたくさんの網があり、その網を一枚一枚広げてひっかかったゴミを丁寧に手作業で取り除いてゆきます。取り除くゴミの大きさは綿棒の頭以下まで・・・と言われた時にはその細かさに驚きました。
10メートルほどにもなる大きな網や、目の細かな網もあってたいへんな作業です。
名前も書いていないその漁網は一枚で家が建つほど高価なものだとか。
猟師さん達はその都度繕ったり、洗ったり手入れしながら、大切に使い続けてゆくものだそうです。
今網についているゴミの多くは建材の断熱材など。1枚の網から土嚢袋1つ分ほどのゴミがでることも!そしてさらに、ものすごい埃が舞い上がります。
何度も確認し、作業の完了した網は絡まないように数箇所を束ねてから積み上げます。
網があんなに重いとは知りませんでした(^_^;) 男性陣が「せーのーで!」と声を合わせて持ち上げねばなりません。
企業単位で参加されている方々と6名で挑み、一日がかりでたった4枚の網しか仕上げられませんでした。
仕上がった網の保管や配分など、この作業に関わることだけでも問題は山積です。。。

この作業の終了後、私達は歌津を後にしました。
夏休みも終盤に入り、ボランティアの方々も減少傾向にあると聞きました。
けれど私が訪れた歌津には、まだまだマンパワーが必要です。さすがに我が日本、物質的に技術的には不自由なく暮らせるまでになってきたようですが、人でなければ出来ない仕事がまだまだたくさんあります。人の手と心が必要です。
そしてその担い手であるボランティアの方々を取り巻く環境の改善も必要だと感じました。
衣食住はもちろんのこと、安心して作業に集中できる環境に近づけるシステム作りも大切です。
もちろん、志の高い方ばかりですので、常にそういうことについて話し合っていらっしゃいますので、順次改善されてゆくことでしょう。

もっとたくさんの人に現実を認識してもらうこと、そして真に被災地に意識を向けて頂くことが重要です。
騒動の収まらない国会ですが、議員の皆さまにはもれなく被災地へ入って頂きたい。
できることなら、しばらく議会は被災地で開いて頂きたい。
そうしたら、決して他人事や後回しには出来ないと思うから。
がんばろう日本!も大切だけれど、現地の方々は既に頑張ってますから・・・。
子ども達にこうして復興したんだよと言えるような、強い意志を持った日本としての運動が大切だと心から思いました。

私自身としても栃木に戻った後も風化してしまわないように、『何か出来ること』を実行してゆきたいと思っています。



2011年08月30日

宮城県南三陸町 歌津にて②

南三陸に向かう途中から雨が降り始め、帰る直前にお日さまが顔をチラッと見せてくれた以外はずっと雨でした。
NPOの管理するベースキャンプにはまだ水道や電気が通っておらず、到着した日の夜は雨音と寒さとで眠れませんでした。
明けて活動1日目、被災家屋の納屋のお片づけに参加させて頂きました。
d698b23a.jpg現場へ向かう途中、集合住宅のような建物の屋上に乗用車が乗せられたようになっているのを見ました。
周囲の建物はすべて崩壊し、その建物自体も海側の屋上は大きくえぐり取られていて、すべてを巻き込みながら破壊していった津波の威力を示すかのようでした。

私達がお世話になった団体では、自らが携わる仕事を自己責任の上で決定します。
いくつかの選択肢があって戸惑っていた私達に、先輩ボランティアの方々は『被災家屋のお片づけ』へ行くよう強く勧めて下さいました。特に今関わっている物件は、震災以来ほとんど手付かずの地区にあり、津波の脅威が肌で感じられる貴重な現場だと、但し、たいへんに危険な現場でもあると。
屋外労働をほとんどしたことがない私にできるか不安だと言うと、どんな人にだってできることはあるよと教えて下さいました。例えば男性陣が中の荷物をすべて出し終えた後、できるだけ元通りの生活に近くなるように泥を掃き出したり、ご家族の大切なお品物を見栄えよく並べたり・・・出来る事を見つけ、自らやろうという意志が大事なんだと言われ、ハッとしました。

067.jpgそして到着した作業ポイント周辺。
海辺から少し離れた山の斜面の小高い位置にあり、昔ながらの味わいのある、ため息の出るような立派な日本家屋が悠々と並ぶ地区でした。
元々広かったであろう敷地内は、どのお宅も写真のような状態でした。
ご自宅のものばかりでなく、海辺の住宅や作業場から流されてきたものもたくさんありました。
向き合った納屋は2階建てで、津波によって天井までビッシリと家財が流し込まれていました。梁は傾き、天井と屋根は大きく落ちてきていて、家財を出すと倒壊の恐れがありました。そして落ちた屋根の端には蜂の巣があり、ブンブンと飛び回って威嚇していました。
使える食器や思い出の品などをていねいに仕分けしながら納屋を空にしてゆきます。
水道は使えないので、泥のついたままですが、少しでもきれいになるよう手で払い、ぬぐって並べてゆきます。
猟師さん宅だったので、漁具もあり、干物などを保管しておく冷凍庫も数台ありました。潮水に浸かり腐敗が進み、強烈な臭いだったり、汚泥化しているものもありましたが、ボランティアの皆さんは怯むことなく、たったひと言も小言を発するでもなく、率先して黙々と片付けに取り組んでいました。
それでも納屋の半分程度まで荷物を出し終えたら、いよいよ倒壊の危険が高まって、さすがの皆さんもほんの少し手が止まりました。
そういう時、いつも黙って先頭を切って突入するのは、単身イギリスからやってきたという男性。
会社のテレビで津波の映像をライブで見て、信じられなくて、何かしなくてはと思い立って来日。「仕事は休めなかったので辞めてきました!」と笑顔で話す彼は、円高の日本で携帯を持つこともできず、テント村と現場の往復の日々だとか・・・。
日本人として「ありがとうございます」と言わずにはいられませんでした。彼は流暢な日本語で「イエイエ、好きで来ていますから♪」と笑顔で仰いましたけれど・・・。

他にも韓国から複数の団体が来られていたり、友達と寄書きしたサッカーボールを子ども達に…と夜行バスを乗り継いで神戸からやって来た眩しい笑顔の大学1年生君がいたり☆ミ
ボーダレスな、人の温かい気持ちに、人として癒されました。

私が参加を決めたのを知って、「よっぽど幸せで余裕があるんだね」と言った人がいます。
幸せの定義は人によって違うと思いますが、そう仰った方よりも確かに私は幸せだと思います。
テント村にはいわゆるセレブと呼ばれるような方々はいらっしゃらなかったと思います(失礼デスね^^;)。
まだ10代の方から定年後のシニアの方まで、個人から会社の有志を募ったという方々まで、実に様々な方がいらっしゃいましたが、皆様、何か出来る事を!という一念で自らの費用で参加されていました。
軽自動車で神奈川から運転されてきたり、東京から車中泊2泊3日という方も・・・。
早朝に起床し、ラジオ体操をしてミーティング。作業を終え、食事も当番さんが作り、食べ終えたらミーティング、その後の僅かなお茶タイムもどうすればより良いボランティアができるか?という話題ばかりでした。
自ら思い立ったことを実行し、ほんの僅かながらでも参加でき、志の高い人々と関わる事が出来た事をとても幸せに、誇りにさえ思っています。
そしてそういった名もなき人々が尽力しているということを、少しでも多くの方にお伝えしなくてはと思っています。
話は作業から逸れてしまいましたが・・・。

このお宅では延べ50人ほどが毎日6時間×6日かかりました。
作業に大方の目途がついた頃、家主さんに確認して頂きました。こちらのお宅の方は全員無事だったそうで、家主さんは何度も詫びて「自分達でやればいいんだけど、なかなかできなくってなぁ・・・。御礼にお寿司を振舞いたいんだけど、何処へ何人分届ければいいかな?」と申し訳なさそうに仰っていました。
お雛さまに仏様、子どもの連絡帳、アルバム・・・初めてお邪魔した私でさえ散乱した家財に涙がでてくるのに、お家の方々には辛過ぎて、出来ないのは当然のことだと思います。

17f127c1.jpgお家から運び出した瓦礫が集められた山。あちこちにあります。
煙をモクモクと出しているところもあり、環境的にも不安になります。
まずはこういうものを難なく撤去できるようにするシステムを作ることだけでも、出来ないものでしょうか?
それなら政治家の皆さまにも出来そうな気がするのですが・・・。
 
Contine・・・
2011年08月25日

宮城県南三陸町 歌津にて①

2011年8月中旬、仙台を抜けナビに従って走っていると、山間を走っているような感覚でした。
ただ山あいの谷のそこかしこにゴミが大量に山積していて、もしや津波?と思ってはいました。
突然視野がグンと広がって、そこはもう港町。。。
震災後5ヶ月以上を過ぎ、雑草が伸び始めているので一瞬原っぱにも見えましたが、真岡市を出て約7時間、ついに目指す南三陸町に入ったのでした。
dd21dfc0.jpg海岸沿いのバイパス道路は橋脚のみを残し陥落、町のシンボルでもある三島神社も山の中腹近くまで浸水。神社へ避難しようと階段を駆け登る途中で被災された方もいらしたとか・・・。



三島神社のすぐ内陸側に町役場と小学校がありました。
4853894f.jpgまだ新しかった役場は壊滅し、高台にある小学校の1階まで津波は押し寄せましたが、生徒さんは無事だったそうです。
震災後、天皇皇后両陛下がいち早くお越しになり、惨状を目の当たりにされて黙礼をなされたのがこの伊里前小学校でした。



小学校を背にするとすぐ海。
f3195af9.jpg恐ろしい津波など幻だったかのような穏やかで美しい海でした。
ただそこには、基礎だけが残った船宿と思われるたくさんの跡と、膨大な量の瓦礫の山が無数にありました。
言葉を失くして海を見つめる店長がいます。。。


震災後、テレビなどのメディアで何度も何度も目にした被災地の様子。
ですが、見渡す限りというスケールと、町に漂う空気感。。。
実際に自分で感じることの大切さを思い知りました。
この地域に入っただけで、もう、涙が止まらなくて、
身体中に走った衝撃が、いつまでも止まらなくて。
そして荒れ果てた町のあちこちに『ボランティアの皆さまありがとう』『世界中の皆さま、ありがとう』といったことが掲示されていて、たいへん強く、心を打たれました。。。

continue…
 
2011年08月24日

今日から通常営業いたします!

おはようございます、パンデスマイルです。
今年は遅めの夏休みを頂戴いたしておりましたが、今日から通常営業いたします♪
おかげさまで休み明けはいつもお客様が多く、品薄になりがちですので、お求めの商品がある場合はお電話でのお取置きをぜひお気軽にご利用下さいませ。

私事になりますが、このお休みを利用して宮城県南三陸町へ行ってまいりました。
微力ながら津波で被災された家屋のお片づけや漁で使用する網の再生のお手伝いをさせて頂きました。
感慨深く、改めて考えるべきことがあると再認識いたしました。
現場でなければ解らないスケールの大きさや壮絶さはありますが、それでも一番大切なことはより多くの方がこの現実を把握してゆくことだと思いましたので、数日に分けて、順次こちらでご紹介してゆきたいと思います。
是非ご覧下さいませ<(_ _)>
2011年08月23日

お盆のPan de Smileは…

スーパーではお盆用品が山積みされ、なんだかローカルな日本の夏を感じて嬉しくなりました(#^.^#)
パンデスマイルは来週お休みを頂きます。
毎回連休前には、当日限定の創作パンがた~くさん登場します!
コアなお客様はよくご存知ですので、ピックアップしてお求めになられています(^人^)
今日も全部で10種類ほど作られて、ズラリと並んでいます。
c73f01ba.jpg
ぜひお立寄りになってご覧下さいませ♬
明日は夏季休業前の最終日、午後2時までの通常営業となりますので、何卒ご了承下さい。
2011年08月13日

ワンちゃん用ホネ型パン 新発売!!

茹だるような暑さとは、正にこのことでしょうか。。。
熱中症の方が続出しているとか。
ここのところ毎回同じようなお話になってしまいますが、夜の間に体温の冷却が出来ていないと熱が更にこもり易くなるそうですので、皆様どうぞお気をつけ下さい。

さてお話は変わりますが、先日ペットショップで愛犬にドッグフードを選んでいた時のこと。
ふと目に止まったのは『パン職人が作った愛犬用パン』という文字。
すかさず手に取り、よくよく見てみると、パンデスマイルで作れる内容ではありませんか!?!?
このお話を持ち帰り、早速店長を囲んでのスタッフミーティング→そして直ちに完成いたしました!!
その名も『ワンちゃん用ホネ型パン』3本210円です(^O^)/

スタッフはみんな愛犬家なのに、どうして気づかなかったのかと思うくらいです(^^ゞ
我が家の愛犬マリアに試食して頂きましたところ、もう、ビックリするほどの早さで完食!!もっとちょうだい目線で訴え続けていました♪
小型犬の皆さまには少し大き目ですが、半分に折ってあげるもよし!食べているうちに柔らかくなるので長く楽しむのもよし!!

テラスで愛犬とのんびりされるお客様にはもちろんのこと、カワイイ家族へのちょっとしたおみやげにもいかがでしょうか?
もちろん無添加ですが、石釜を使い低温でじっくり加熱しているため、高温多湿を避けた常温で一ヶ月くらいは保存できます。
小麦粉・乳製品は使用しておりますが、たまごは使っていません。
限定数のみの販売です。ぜひ一度、お試し下さいね(*^。^*)

2011年08月12日

サマーキャンペーン 最終回開始!

 ここのところのまとわりつくような暑さは特に厳しいですね。
熱中症はお年寄りもお子様も、そしてペットも心配です。
充分お気をつけ下さい(^_^)

さて、今日からのサマーキャンペーン最終回はメール会員の皆さまによる人気投票で決まりました。
『500円以上お買上げのお客様に食パン1斤が100円になるクーポンプレゼント!!』
正直申し上げて、私共スタッフの間ではちょっと意外な感じがしました^m^
とはいえ、お客様のお声が反響となって返ってきて下さるのはたいへん嬉しく、有難いことです。
12日(金)までの平日限定サービスですので、是非ぜひお立ち寄り下さいませ。

また、今年の夏季休業は8/15(月)~8/22(月)までとなります。
最終日8/14(日)は午後は特別営業、完売次第閉店とさせて頂きますので、あらかじめご了承下さい。


2011年08月09日

みんな、ありがとう(ToT)/~~~

先日、オシャレなお花がお誕生日に届いて勇気づけられたお話をさせて頂きましたが、今日もとってもHAPPYなお話です。

お店のスタッフのみんなが今年も素敵なプレゼントを用意してくれていたのです♪
週末の閉店後、小金井の人気居酒屋でバースデーパーティを企画してくれたのです!
とてもステキなお店で、きれいで美味しいお料理がでて、そして何よりスタッフのみんなが集まってくれて!!
さらに、お店サイドから元気いっぱいのスタッフが総出でバースデーソングとダンス(?)、パフェとお写真もプレゼントしてくれました!
取った年のプレッシャーんなんてどこへやら!(^_^;)
本当にHAPPYなお誕生日になりました。

さらに、この素晴らしいお花は今日参加できなかったスタッフのみんなも一緒に…と。
ご覧下さい!!
レインボーカラーのバラ\(◎o◎)/!
イミテーションでも着色でもない、本物のバラなんですって!
イマドキの遺伝子操作って、ものすごい事ができるんですね~☆
それに、私の大好きな向日葵。。。

並べたお写真は、お店からのプレゼント。
参加してくれたみんなに1枚ずつ配ってくれました。

おかげさまで、とてもステキな、心に沁みこむお誕生日になりました。
みんな、本当にありがとうございました!
これからもみんなとHAPPYになってゆけるよう、頑張ってまいります<(_ _)>
2011年08月09日

『ひまわりのパン』がお楽しみパンに!!!

先日の大型台風の接近以来、もう夏の終わりのような爽やかな日が続いていますね。
子ども達のプールはちょっと冷たいのでしょうが、節電が求められている盛夏、幸いといえるかも知れません。

さて、今日からのお楽しみパンは『ひまわりのパン』です。
チョコクリームを入れた元気いっぱいの夏らしいパンは店長が作りました。
先日、昔ながらの大輪のひまわりを間近に見ました。
最近では小ぶりの可愛らしいひまわりが多いので、ワイルドに咲く大輪のひまわりを見たのは久しぶりでした。
向日葵・・・と書くとおり太陽を見上げたその姿は本当にエネルギッシュで、生命力溢れるその姿は迫力いっぱいで、とっても感動しました!
前からひまわりは大好きでしたが、改めて素晴らしいと思いました。
 013.JPG
話は戻りますが(^_^;)、
ひまわりのパンは168円、
平日のみ1日10個限定販売。
10時頃に登場する予定です。

ひまわりのパンを食べて、元気を充填して下さいね!!


2011年08月02日

今年も頂戴しました(#^.^#)


どうです?とってもオシャレで綺麗でしょう!
今年も迎えることになったお誕生日に、お友達から届きました。
もう華やかにお祝いするのもためらわれる御歳になって参りましたが、今年は特に仕事がとても忙しく、また、残念なことが次々あって凹み気味だったその時、届いた希望のお花なのです♪私にとってはいつにも増して、癒された訳で、本当に嬉しかった\(^o^)/
これでパワーを充填して、更に仕事を推し進めることができました。

お花は大好きだけれど、日常に追われてしまうと自ら求めることはなかなかありませんが、
贈られたお花は本体の美しさだけではなく、その癒しパワーが数倍になって、更にあったかい心と一緒に届くんですよね!

エアコンの効いたお部屋を選んで移動しつつ、できるだけ長持ちさせようと頑張っています。
一年に一度、この場を借りての幸せ報告でした^m^
ありがとうございました。
2011年08月02日

アーカイブ